基礎ですが、べた基礎になります。
建物の下部分のすべてを鉄筋コンクリートを用いた基礎で施工します。
全面に鉄筋が組まれ鉄筋工事が終わると、
第三者機関の検査が入ります。
図面どおりに鉄筋が組まれているか検査を受けるのです。(配筋検査)
この検査に合格するまでコンクリートを打設することは出来ません。

 配筋検査は、合格しました!

コメントを残す